弁護士になるためには

弁護士になるためには新司法試験に受からなければなることはできません。
以前大学に通っていないものにはその試験への門戸は開かれてはいませんでした。
しかし今では形式が変わっています。
誰でも受けることができるようになりました。
ただし、予備試験に受かったものだけです。
その予備試験に受験資格はいりません。
そのため、誰でも勉強をすれば弁護士になることができるのです。
医者や弁護士と言うのは子供の頃に誰もが一度は夢を見る職業の1つです。
しかし自分のテストの点数を見てこれでは無理だろうなと思って勝手にあきらめてしまっているだけでなのです。
今はまだ20代の前半なら、まだ勉強をし直すことが出来ます。
たとえ、受からなくても、刑法や民法、日本国憲法や刑事訴訟法などの法律を知っておくことは知らない人よりは有利です。
決して無題にはなりません。
勉強した時間が無駄となってしまうかもしれません。
しかし知ることで費用を削れる部分は沢山あるのです。
長期的に見ればとくをしています。