意外と身近な薬事法

薬事法といえば、薬に関する法律なわけです。
ですから病院関係者や薬局関係者、あるいは製薬会社などが対象だと思っている人も多いのではないでしょうか。
でも実は薬事法というのは意外に身近な存在で、私たちの生活の何気ないことが薬事法に引っかかってしまったりするので注意が必要なのです。
特に最近はブログなどインターネットなどで気軽に文章などを投稿することができますので薬事法という落とし穴にはまらないように注意しましょう。
まず何気ないことですが、サプリメントを購入したとします。
自分で試してみて健康が回復したなどの効果が得られたとします。
これはきっとその購入したサプリメントのおかげだからいろんな人にこのことを知ってほしいと思ったとします。
そのことをブログで紹介したとします。
紹介するのは何の問題もありません。
自分には効果があったと書くのも問題ありません。
でもこれを使えば絶対に病気が治ります。
というように書くと薬事法違反ということになってしまうのです。
ですから書き方には十分に注意しましょう。